シミを消すなら薬がおすすめ!

 

シミを消す方法にどんなのがある?

 

シミはある日急に顔に表れたと訴える方が多いですが、実際にはかなり長い時間をかけて肌の奥で作られるものです。確かにそれが表面に出てくるのはあるタイミングで急なものかもしれませんが、シミの原因は時間をかけてゆっくり作られるものです。ですから、一度シミができてしまうと消すには相当の時間がかかることも覚悟しなければなりません。その一方で、美白対策をしっかり行うことで時間をかけて消すことは確かに可能ですので、できてしまったものは仕方ないと腹をくくり長期的にシミ対策へ取り組むことが重要です。

 

シミを消すための最も正攻法といえる対策が、それ以上メラニン色素を分泌させないよう対策を行い、すでに溜まってしまった色素の排出は皮膚のターンオーバーに任せるというものです。皮膚細胞は日々絶えず生まれ変わっており、その際に溜まったメラニン色素も少しずつ押し出されていくため、メラニン色素の生成量を正常に戻すことさえできれば、時間はかかりますがいずれシミは消えるというわけです。ただし歳を重ねると肌の生まれ変わりの速度、ターンオーバーサイクルがどんどん遅くなっていくため、ターンオーバーを活性化するための対策も必要です。

 

一方で、即効性がほしい場合はレーザー治療や薬剤を用いた治療法を行う必要があります。基本的にどれも肌への負担は避けられませんので、あまりこれらの治療法に頼るべきではありません。しかしシミを短時間で消すには他に方法がありませんので、どうしても大きなシミにコンプレックスを感じるという方は考えてみるといいでしょう。

 

シミを作らない!予防法

 

シミができる原因は数多くあるため総合的に対策をしていく必要がありますし、対策をしていても歳をとればシミができてしまう可能性は少なからずあります。しかし、シミの最大の原因はやはり紫外線によるダメージですので、シミ予防には紫外線対策を重点的に行う必要があります。

 

紫外線は美容だけの問題ではなく、皮膚がんの発症率を有意に上昇させる健康上の問題でもあります。そして皮膚はそんな紫外線に対抗するためにメラニン色素を生成し、これがシミの原因となります。紫外線は日光の元に出る限り必ず浴びることとなるため、紫外線を全く浴びないようにすることは不可能です。しかしながら紫外線が肌の中まで到達しないようにする対策は可能で、これがいわゆるUVケアと呼ばれるものです。肌の表面に紫外線を反射したり吸収したりする成分を含んだクリームなどを塗ることで、紫外線の影響を肌まで届けない、あるいは影響を緩和することができます。これは美容上も健康上も重要なもので、日差しが強い日は外出するたびにしっかりUVケアを行うことが推奨されます。

 

UVケアはUV対策クリームを塗るだけではありません。たとえば高濃度のビタミンCは紫外線の影響を緩和することがわかっており、UVケアクリームを塗った上で外出前にビタミンC錠剤を飲むと、より紫外線防御効果が高まるなどの実験結果が得られています。ビタミンCはメラニン色素の生成抑制効果もあるため、シミにより直接的な効果が期待できます。

シミ・そばかす予防に紫外線対策は必須!

「紫外線」は、そばかすを作り出す原因の中でも、非常に大きいものの1つです。そばかすが紫外線を原因として発生することは、多くの方がご存知なことだと思います。しかし、その紫外線にも分類があることは、あまり知られていないのではないでしょうか。

 

そばかすの原因となる紫外線は、大きく分けて2種類です。「長波長紫外線(UVA)」と「中波長紫外線(UVB)」というものです。

 

皮膚の一番奥には、メラノサイトという色素細胞があります。お肌がUVAを浴びると、このメラノサイトがメラニンを大量に生成し始めます。しかし、UVAがメラノサイトを傷つけてしまった場合「ターンオーバー」というものが上手く働かなくなります。

 

ターンオーバーとは、定期的なお肌の生成サイクルのことです。名称だけでも聞いたことのある方は多いのではないかと思います。ターンオーバーが正常なときは、生成されたメラニン色素はやがて剥がれ落ちます。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと、それが剥がれ落ちず、お肌に残った状態となってしまいます。メラニン色素はそばかすの原因となる物質です。メラニン色素が皮膚の内側に沈着すると、それがそばかすとなってしまうのです。

 

一方、UVAと異なり、UVBにはお肌の奥まで入り込むという特徴はありません。しかし、UVBを浴びることで、お肌は敏感な反応を示してしまいます。そのため、メラニン色素の生成が過剰に行われ、それを原因としてそばかすが作り出されてしまいます。

 

UVBはすぐに肌に影響を与え、そばかすを作る紫外線、UVAは浴びてすぐではなく、いくらかの時間を置いた忘れた頃にその影響が現れてくる紫外線と言うことができます。

 

このようにそれぞれ異なる特徴を持つUVAとUVBですが、いずれにせよ必要なのは、紫外線対策をしっかりと行うことです。紫外線から身を守るために最も効果的な方法は、屋外にまったく出ないことです。しかし、さすがにそれでは暮らせません。そのため、様々な対策が必要となります。そのひとつにシミに効くサプリメントやドリンクなどがあります。

 

5月から8月が、紫外線量が一年の中でも最も多くなる時期です。この時期の紫外線対策は、特に厳重に行いましょう。屋外へと出掛ける際は、白系の服より黒系の服を着ます。それにより、反射する紫外線の量を減らすことができます。また、日焼け止めクリームを塗ることも忘れてはいけません。おすすめはSPF15程度のものです。あまりお肌に負担を与えることなくUVケアを行うことが可能です。

大人ニキビを治すスキンケア方法

思春期にできるニキビというのは、成長ホルモンが活発に分泌されることによって皮脂の分泌量が増えることが原因だということが解明されています。

 

その思春期ニキビと比べると大人ニキビは解消されにくいといわれているのですが、絶対に解消させることができないというわえkではありません。

 

大人ニキビを治したいのであれば、スキンケアを正しい方法で行うようにしましょう。現在、色々なスキンケア商品が販売されているのですが、その中で大人ニキビに効果が期待できるスキンケア商品を見つけることが大切です。スキンケア商品以外にも大人ニキビ対策のサプリもあります。

 

参考:ニキビ肌改善サプリランキング!肌荒れにビタミンが効く!

 

大人ニキビを治したいのであれば、洗顔をしっかり行うことが大切です。また、洗顔をするだけではなく、しっかりと肌の保湿をすることも必要です。

 

本来であれば、人間の皮膚で角質層といわれる層があるのですが、この角質層は、雑菌や紫外線が肌の内部に入らないように保護をしています。角質層の保湿成分が減少してしまうと肌が乾燥してしまったり、雑菌や紫外線が皮膚の深部まで入り込んでしまうことになるのです。

 

ですから、スキンケアをしっかりして、肌の保湿を保つようにすることが非常に重要になります。しかし洗顔をすると、肌の皮脂を洗い落としてしまうことになるため、肌が乾燥してしまうのではないかと思った人もいるでしょう。

 

洗顔料を使って洗顔をした結果、肌がつっぱったような感覚を感じたことはないでしょうか?肌がつっぱったような感覚になっているということは、必要以上に皮脂を洗浄してしまった状態になっているという事です。これでは、肌の状態を改善させるどころか悪化をしてしまうことになりかねません。ですから、スキンケアをする際には、洗浄力が高すぎるものを選ぶことを避けたり、保湿力の高いスキンケア商品を使うことが大切なのです。

更新履歴