シミの種類とそれぞれの対処法

シミと一口に言っても様々な種類のシミがあります。どれも基本的には色素沈着が外から見えている状態なのですが、それが起こっている原因はそれぞれ違うため、自分のそばかすの原因にあった対策を行わないと効果は得られません。たとえばホルモンバランスの異常によってシミが発生しているのに、頑張ってお肌の紫外線対策をしてもそれだけではシミは薄くならないでしょう。したがってまずは自分のシミの種類を正確に知るところから始めるべきです。

 

最も代表的なシミは紫外線が原因で発生する老人性色素斑です。肌が紫外線から皮膚を守るために分泌したメラニン色素溜まりがシミとなっているもので、紫外線を浴びてきた時間が長い高齢者ほどできやすいものです。しかし紫外線を多く浴びれば若者でもできる可能性があるため、名前だけを見て若いからといって安心してはいけません。ただしこのタイプのシミは美白化粧品などによって薄くしたり消したりしやすいタイプです。基本的には肌の異常ではなく、正常な生理反応によって発生するものです。

 

同じく女性に起こりやすいシミとして肝斑があります。肝斑は女性ホルモンバランスの異常に反応して発生しやすいものであり、ホルモンバランスが崩れやすい3〜40代女性に好発しますが若い女性に起きることも希ではありません。

 

一方、男性に起きやすいシミとしては脂漏性角化症があります。男性の方が発症率は高いですが女性も歳をとれば普通に起こりうるもので、隆起したシミとして視認されます。年寄りイボと呼ぶこともあるこのシミの実態は良性の腫瘍であり、一般的な美白法などで消すことはできず切除によって治療を行います。