シミ予防・対策に日焼け止めは塗るべきか?

シミ対策に最も重要なのが紫外線対策です。紫外線は肌にダメージを与えることでシミの原因を作り、さらにシワや乾燥肌の原因にもなる、まさに美容の大敵ともいえる存在です。従って、シミを予防したいと考えているならば、晴れの日に長い時間外出するときは、日焼け止めを塗った方がいいというよりは塗らなければならないと考えるべきでしょう。

 

日焼け止めは含まれる有効成分が紫外線を反射もしくは吸収し肌へ影響を及ぼすのを防いでくれます。この紫外線を遮断するための有効成分として金属の粒子が使われていることがあり、皮膚との相性によって赤みが出たりトラブルの原因となることもあります。

 

最近では天然植物成分のみを有効成分とした日焼け止めなどもありますが、SPF値が総じて低めで持続性も遮断力も弱く、夏の日差しから長時間肌を守ってくれるほどの効果は得られないのが欠点です。いずれにせよ日焼け止めは少量試した上で肌に合うものを使うことが重要です。また、敏感な顔には顔用の日焼け止めがありますので、多少値が張っても顔には顔用の日焼け止めを使いましょう。

 

日焼け止め自体が皮膚に負担をかけるという側面は確かにあるのですが、それを考慮しても日焼け止め無しに日差しを浴び続けるという選択はあり得ません。それほどに紫外線の肌への悪影響は大きいものですから、しっかり紫外線対策を行った上で外に出るようにしましょう。途中で塗り直せるように携帯するのをおすすめします。