美白の鍵は保湿ケア

25歳から49再までの女性の中で、実はその半数がシミに関する悩みを抱えているのです。みな言葉にしないだけで、実はシミが悩みとなっている方は周りにたくさんいます。

 

誰もが悩んでいるシミです。それだけ難しい問題ということなのかもしれませんが、そうは言っても解消できるに越したことはないでしょう。ここでひとつ、ご紹介します。実は、シミには種類があり、ケア方法もそれに異なってきます。そしてその原因はと言えば、乾燥にあるのです。

 

乾燥による新陳代謝の衰退

 

紫外線や生活習慣、食生活や過剰なスキンケアなど、様々な方向から、お肌への乾燥攻撃は繰り広げられています。放っておけば段々と代謝は衰えていき、やがては肌の再生能力は消失してしまいます。

 

若い頃には当然のように行われていた新陳代謝も、年を負うごとにその力を失っていき、代謝をしなくなっていくのです。老化するから肌にもその様子が現れるのではなく、老化し代謝が行われなくなることで、段々と肌に古い細胞が溜まり、しわなどが目立つようになるのです。逆に考えれば、年を取らずとも代謝が落ちれば肌の衰えは進みます。肌へ潤いを与え、代謝を下げてしまわないように気を付けましょう。

 

汚れの蓄積。そして、くすむ。

 

乾燥によって新陳代謝が悪くなってしまった肌は、表にも内面にも汚れを蓄積していきます。例えば毛穴の汚れ。はっきりとその汚れを認識できなくとも、顔色は暗く見えてしまうものです。

 

つまりは、身体には不調が見られないにも関わらず肌がくすんでしまっているという方は、肌に汚れが溜まってしまっている可能性が高いです。美白肌を何としても手にしたい、という方は、まずは保湿することを第一の目標にしてみてください。乾燥を防ぐことが、美白肌への第一歩となるのです。