窓の防犯対策を教えて!

空き巣対策として、窓の防犯対策は非常に重要です。空き巣被害の統計データを見ると、侵入経路は玄関よりも窓のほうが多く、空き巣全体の半数以上が窓からの侵入となっています。

 

ご自宅の窓を見てください。あまり新しい家でなければ、鍵は簡単な回転式のクレセント錠がひとつ付いているだけではないでしょうか?

 

進入時はこのクレセントの付近のみを割るなり切り開けるなりすればいいだけですので、わざわざ目に付きやすい玄関のドアを開錠する必要などないのです。それだけに、窓にはきっちりとセキュリティ対策を施す必要があります。

 

最も根本的な対策で効果も期待できるのは、窓を普通の板ガラスから防犯ガラスに変えることです。防犯ガラスは非常に破壊しにくく、鍵付近の一部分を小さく割ったり切り抜くことはほぼ不可能です。

 

そのため最も安心な対策となりますが、その分コストもかかります。ここで注意が必要なのは、防犯ガラスと強化ガラスは全くの別物という点です。強化ガラスに防犯的な効果は「一切」ありません。

 

空き巣犯が用いるガラス破壊手段の前には強化ガラスは何の対策にもなりませんのでご注意ください。防犯ガラスへのリプレースより手軽な方法として、防犯フィルムがあります。

 

防犯ガラスには劣るものの、ただの板ガラスよりはかなり高い効果を発揮します。防犯フィルムを使用する際は、鍵周辺への部分貼りではなく、ガラス全面に貼ってください。鍵周辺に部分貼りしてもその外側を切り開けられてしまえば効果はありませんので。